1. TOP
  2. ブログ運営
  3. ブログ始めて1ヶ月目にしてスランプに陥ったけど立ち直った話

ブログ始めて1ヶ月目にしてスランプに陥ったけど立ち直った話

自分の文章は誰からも必要とされていないのかもしれない。

そう思うには理由があって、つまるところ、Googleアナリティクスが正直に教えてくれる数字が全てだった。

毎日懸命にブログを書いても、私のブログはそう多くの人が見にくるわけではないため、1日くらいサボってもいいよな、という考えがよぎった。

更新すれば何者かが大体Twitter経由で様子を見に来てくれるのだが(ありがとう)、まだまだ野生の検索結果から現れてくるお客さんは少ない。

昔から、文章しか褒められたことがなかった。だから自分は、文章さえ作れば誰かに認められると信じていた。

検索すると、ブログ開始1か月目の華々しい記録がたくさん出てくる。

最初は、儲かればいいな、なんて考えていたけれど、悩んでみて始めて自分の本当の気持ちが分かった。

いくら儲かるかなんて、どちらでもいいのだ。

私は、私の書きたい記事を書くことで、人の役に立ちたい。人から褒められたい。

web上は、すでに役に立つ記事で溢れている。

詳しい人が、なるほど、と感心するような記事をたくさん書いている。

私には、知識がない。得意とするジャンルもない。そんな私が今更、記事を作ったところで、他人の胸を打つものなど作れないのではないか。

絶望した。

やっと見つけた楽しみなのに、といじけていた。

そんなときでさえ、好きな気持ちは、希望となる。

書きたい事はある。伝えたい人はいる。かつての自分みたいに、生きる意味を見い出せずに辛い思いをしている人に、私が楽しいことを見つけて、それを紹介することで、一瞬でも幸せを感じてほしい。欲をいえば、それをきっかけとしてずっと幸せでいてほしい。

私自身、未だにくじけそうなときがある。だからこそ、希望を持ち続けられる人になりたい。楽しみを創出できる力がほしい。

勇気を持って、堂々と生きていきたい。

落ち込んではいられないのだ。

当ブログで試みている初音ミクのお絵かきチャレンジだって、はたからみたらすごい幼稚だろうし、「一般人が日記みたいな記事書いたって誰も読んでくれないヨ」に括られるものだろう。

でも、私は伝えたい。

上手くなくても、大人になっても、いくらでも楽しさは作れる。

それは、知識がない私だからこそできる。

これまで何の特技もなく、勇気がなく、自信もない私だからこそできる仕事なのだ。

すぐに上手になる人より、楽しさを簡単に感じられる人より、私は伝えられる。

いや、その能力の有無は置いておいて、私が伝えたい。

どうしても。

せっかく生まれて来たのに、愛されているのに、死にたいなんて思いたくないし、思ってほしくない。

私たちは、楽しめる。

私がそれを証明してみせる。

ついて来て下さい!

Sponsored Link