1. TOP
  2. ちょっとお役立ち情報
  3. SE2年目の私が転職することを決めた理由

SE2年目の私が転職することを決めた理由

こんにちは。ニシダです。

まあ、いつかこうなるだろうとは薄々考えていたのですが、
会社員を定年まで続けていくことを、諦めることにしました。

その理由は概ね、以下の通りです

  1. 仕事が周りの人より、かなりできない
  2. 仕事自体が楽しくない
  3. 料理をする時間がない

いたってシンプルですが、すべての理由に深くうなずけます。

せっかくなので、詳細をこちらでご紹介させていただきます。
読んでいただけたら嬉しいです。

1.  仕事が周りの人より、かなりできない

少しできない、程度ならいいと思うんです。
まだ続けていく希望があります。
しかし私は、かなりできないんです。
元々の性格がドジなので、ちょっとしたことでもすぐミスをします。
作業に対して誤った認識を持たないために、努力の余地がある、と優秀な方は言うかもしれません。
ただ、もうこれは本人にしか分からない世界なのだと思いますが、後から確認するなど気をつけていても無理なくらい、根本的にウッカリしています。
医師の診断はもらってないですが、おそらく何か会社で働くのに不都合な性質を持ってると思います。

私が思い描くちゃんとした会社員のイメージが美しすぎるせいもあるかもしれませんが、単純に、自分なりに頑張っても褒められないし、特別感謝されることもないし、評価されないことが悲しいです。

自分なりに頑張るの自分なりが、おそらく会社にとってしてほしいこととズレているのもあるかもしれません。
私は変なところで頑固というか、マイペースなので適応能力も会社員としては劣っていると思います。要は、察しが悪いのです。

2. 仕事自体が楽しくない

甘えてる、と誰かに怒られるかもしれません。
でも、私は怒ってくださる優しい方のために生きているわけではないのです。

BtoBで、発注をくださるお客様にとって満足のいくサービスを提供する。
そしてゆくゆくは、エンドユーザが使いやすいシステムを作るためなんだ、と自分に言い聞かせていました。
しかし実際はエンドユーザの声なんて全くきこえないし、夢見がちなのは承知で、陳腐な表現ですが、自分である必要を感じない、いつの間にか「歯車の一部となって」いたんです。

会社で働く以上、会社を通して自分がどういう価値を提供できるかということを考えなければいけないのに、今の会社では、平日我慢すれば、どういう価値を提供してもらえる(給料、ボーナスとか)ということしか考えられなくなっていました。

1.でも触れましたが、自分自身のだめなところがわかって、将来活躍できるほど改善の余地があるならまだいいのですが、会社のなかでは、何も見えなくて途方にくれました。自分自身のバグも見えない人間に、プログラムのバグが見つけられるわけがなかったのです。(どちらも実際少しは見つけていましたが。小手先でどうこうなる問題ではなかったです。)

今回悩んで、ある友達に、私のよいところを聞いてみました。
会社では誰からも褒められないから、ダメ元で聞いてみたのです。
そうしたら、「調子に乗るのが目に見えるから言わないでおく」と言われました。

何を思っていたのか知りませんが、普段、塩対応な友達から、そんな言葉をもらったことが仕事中のどんな瞬間よりも嬉しかったんです。
「承認欲求こじらせてる」かもしれませんが、私を私個人として認めてもらえる瞬間
その時がないなら、どんな仕事も、人生の無駄遣いだと思いました。

人生の半分くらい、私たちは仕事をして生きています。
嫌な仕事を続けてる方々は、立派です。生活のために歯を食いしばっているのですから。
(もちろん、労働時間などが限度を超えたら、どんな人でも自分の命を守るために辞めるべきだとは思います。)
私は、我慢する力が乏しかったし、理想主義者なので、この程度の理由で辞めたいと思います。
大げさですが私の人生の哲学に照らして考えると、退屈な仕事を続けることは到底許容できるものではありませんでした。現に、辞めると決めた今日、これまで何のイメージもわかなかった未来に、少しワクワクしています。

3. 料理をする時間がない

今、なんだこれ?って思いました??
私にとっては切実な問題です。
勘違いしないでください。私は全然、お料理が得意な人間ではありません。
それでも、思うところがありました。

人間にとって、食は切り離せない必要な要素であると同時に、嫌いじゃなければ幸福を得られるものだと思います。
会社に勤めていると時間がないのでコンビニなどを利用することになるかと思いますが、私には幸せを感じられません。

なんでかって言われても難しいのですが、野菜、肉、魚などを自分の手で触って、農家の方に感謝をしながら作る出来立てのご飯は、大したものじゃなくても、私にとって一番美味しいものです。
適当に理由をつけると、共働きの家で育ったから手料理が貴重なのかもしれません。

ドジな私ですから、レシピ本に丁寧に書いてある手順を誤ったり、何かを落としてダメにしたり、ということも日常的にあります。それでも、最近習慣となってきたこの料理という活動に十分な時間を費やせないと、泣きたいくらい悲しくなるし、お世話になっている自分の会社を呪いたくなってしまうのです。下手なのに恥ずかしいですが、多分、私は料理が好きです。

今後の予定について聞いてほしい

読者の皆さんはお友達ですから、どうでもいいとか言わないでついでに聞いて行ってください。

突然会社を辞める、というのは潔くてかっこいいですが、私はかっこよくないダメ人間なので、そういうことはできません。
なので、次の仕事に移れる目処が立ってから辞めたいと思います。

ブログをあんまりカネカネしてる※風にはしたくないのでアフィリエイトは・・・オススメ商品が出てきたり、これから突然目醒めたりしない限りそこまで力を入れないと思います。
(※広告が目立つ、クリックしてぇ〜!と言わんばかりのブログ)
響く人には響いてほしい内容を書いているので、アドセンスでちょっとだけでも入るようになったらいいかなと思います。

あとは、Webデザインに少し興味があります。
絵心とかないから逃げてたけど、色とか、おしゃれなものが好きなのです。
(全然おしゃれじゃないくせにごめんなさい・・)

だからまずはもう少し、このブログ綺麗にできたらいいかなと思います。
元々wordpress先生や素材屋さんのおかげで、ある程度形になっていると思いますけどネ。

広告おさなくてもいいから応援してくれたら嬉しいです。

Sponsored Link