1. TOP
  2. ブログ運営
  3. 知識0から商用ブログを始める方法(超初心者向け)

知識0から商用ブログを始める方法(超初心者向け)

先日このブログを開設したばかりなので、記憶が新鮮なうちに
初心者目線で開設までの手順を残しておく。
自分も初心者であるためどうしてそうなるのか、という詳細な理由までは網羅できないが、
ざっくり、開設までにどういう作業が必要になるのか
お金は合計いくら必要になるのか?知りたい人に見ていただきたい。
初心者が引っ掛かりやすそうな罠についてもご紹介していく。
(私は実際引っ掛かりそうになった。)

ある程度稼ぐつもりなら、無料ブログでは無理

本気で稼ぐつもりならよほどのテクニシャンでない限り、無料ブログでは無理だ。
分かりやすいところでいうと、Googleアドセンスの審査が通らない
Googleアドセンスは、有名どころのクリック報酬型アフィリエイトだ。
ブログで稼ぐことを思い立ったら、GoogleアドセンスAmazonアソシエイトにお世話になるのが一般的である。
短期的に見れば無料ブログが予め持っているドメインの力(fc2など)※は強く、開設した直後でもやり方によってそこそこの収益を得ることは可能である。
※検索したときに上のほうに出てくる影響力(SOE)
しかし、本格的な商用ブログを運営して稼いでいくとなると独自ドメインを作って、そのドメインの力を強くしていくほうが収益に結び付きやすい
なぜなら、無料ブログの種類によってはそもそもアフィリエイト禁止であったり、売り上げの何パーセントを引かれたりしてしまうためだ。
広告を出す側の立場で考えても、すでに広告があって商品が目立ちにくい無料ブログは好ましくないのである。
追記: Amazonやgoogleは審査が厳しいので、初心者にはまずA8.netをお勧めする。


有料のサーバーを借りて、独自ドメインを作ろう!

では、実際にいくらかかるのか?
このブログの場合は、以下のような結果だった。

最初の1年費用:¥17,800

ちょっと張り切った結果の料金なので、
安く済ませたい場合は下記の表の右側のサービスを使えば
¥8,540で済ませることができる。
(左側は私が実際に使っているものだ。)
参考までに、どうして選んだのかをジャンルごとに説明していく。

お試しで使う?背伸びする?有料レンタルサーバー

サーバーも、無料だとアフィリエイト禁止であったり安定性に欠けたり、広告が出るなどのデメリットがあるため、やはり有料でレンタルする必要がある。
私は某先輩ブロガーの熱烈なお薦めによりXServerを選択した。


安いサーバーと比較すると少し値は張るがサポートが比較的充実していて、
何より速いという点に惹かれた。
自分にプレッシャーをかけるためにも、長く、本格的に使えそうなサーバーを選んでみた。
安いサーバーの例として今回はロリポップを挙げたが、有名な「さくら」なんかも安そうである。
以下、ロリポップ公式より紹介▼

国内最大級の個人向けレンタルサーバー『ロリポップ!レンタルサーバー』は、
月額100円(税抜)~で容量最大400GB!しかも安いだけじゃなく
大人気WordPressの簡単インストール/ウェブメーラーなど
機能も満載!共有/独自SSLもバッチリ対応でセキュリティ対策も万全!
もちろん、オンラインマニュアルやライブチャットなど、
充実したサポートで初心者の方でも安心です。
無料のお試し期間が10日間ありますので、
まずはお気軽にご利用してみてくださいね!▼ロリポップ!レンタルサーバーはこちら

独自ドメインはお名前.comがオススメ

商用ブログを作る際にまず必要となるのが独自ドメインである。
初心者だし、セットで購入したほうが簡単だろうか
と考え、サーバーとお揃いにしたは良いものの
後から見たら「お名前.com」の方が断然安いではないか・・。
ブログを長く運用するのであれば、向こう数年間、毎年ドメイン更新のための費用がかかるため数百円程度の差でもバカにならないのである。
移管の手間も考えると、初めからお名前.comにするべきであったと、
約600円分の後悔をしている。

wordpressで間違えそうになったこと

必要なツールとして最後にご紹介したいものがある。
それは、ご存知wordpress
もちろん私もお世話になっている、ブログを書くためのツールである。
独自ドメインを作って、wordpress.comから進んでいくと、独自ドメインは有料と書いてあるページに出くわした・・。
「無料と聞いたのに、有料?!」と怯え、ググって正解だった。
実は、これはダウンロードされ使われている無料のwordpressとは似て非なるものである。

.com側は有料ブログサービスのようなものなので、自分でレンタルサーバーを借りてブログを作るなら、無料のwordpress.orgからダウンロードして使えばいいのである。

斯くして、このブログは開設の日を迎えた。
先輩ブロガーがわかりやすい記事を残して下さったおかげである。

読者の方のなかには、wordpressは面倒くさいのではないか?と考えておられる方もいるかもしれないが、安心して下さい。最初の設定さえしてしまえば、とても簡単だった。
下手な無料ブログより、使いやすいかもしれない。実際にブログを始める際は、XServerだったらwordpressとの連携の仕方等、読みやすい記事があるのでググって見てみてほしい。
XServerであれば(他のサーバーにも似た機能があるかもしれないが、)必要な箇所だけ入力すれば勝手にブログを編集できるページに繫げてくれた印象である。

次の目標:アフィリエイトの審査に通る!

(8/21追記: A8.netの審査?はスイスイ通っております。)
(→申請から1時間後:Amazonアソシエイトも承認!)
(→さらに2日後:Googleアドセンスも承認!この時点で11記事でした。)
無料ブログでやっていた頃、開設3日目にしてAmazonアソシエイトに応募したのだがあえなく否認されてしまった。
以下に、そのときのお断りメールを掲載させていただくが、まず出来たばかりのブログで承認してもらうのは難しいのである。今思えば無謀であったと思う。
まだ記事数も訪問者数も少ないブログであれば、広告の効果が期待できないのは当然だ。
また、著作権を侵害していないかも見られるので、グレーゾーンの画像は載せない方がよさそうだ。

 ↓太字は引用者によるものです。


Amazonアソシエイト・プログラムにお申込みいただき、ありがとうございます。

このたび当プログラムへの参加を申請いただいたWebサイトを拝見いたしましたが、お申込みを承認することができませんでした。

当プログラムでは、お申込みいただいたWebサイトが下記の項目に当てはまる場合には、ご参加をお断りさせていただいております。

=====================================================================

1. Webサイトが未完成または作成したばかりであるため審査が行えない場合

2. お申し込みのURLに入力誤りがあるのでサイトを確認できない、または他者(社)が運営するWebサイトやURLでのお申し込みの場合

3. Webサイトに閲覧規制がなされており、内容を拝見できない、または閲覧規制をかけているコンテンツを含むWebサイトでお申込みのため審査が行えない場合

4. お申し込みフォームにご登録の住所、氏名、電話番号が正しくない場合

5. Webサイトのドメイン名の中に、「amazon」「javari」「kindle」やその変形、またはスペルミスを含んでいる場合
*SNSでこれらを含むユーザー名を名乗ることもお断りしております

6. 知的財産権を侵害している場合

7. 露骨な性描写がある場合

8. 未成年の方のお申し込み

その他、プログラム参加申請をお断りする例は、以下よりご覧ください。

https://affiliate.amazon.co.jp/gp/associates/help/t21

 


おわりに

ちなみに、無料ブログ時代に作成した記事はこのブログの記事にはしていない。
なぜなら、丸ごとコピーしてくると、スパム扱いされてしまうためである。
そういうこともあって、これから商用ブログを始めようとしている方には、
初めから独自ドメインを作って、サーバーを借りてwordpressでブログを作っていくことをお勧めする。
最後に・・・有料ブログと無料ブログの違い的なページで、何度も目にした、トップページにメニューが作れる!っていうの、そんなにすごいか?と思っていたが・・・自分で作ってみると、かなり感動した。(このサイトでいうと上の国内旅行とか書いてるやつ)
自分で考えた親カテゴリをクリックすると、自分で考えた子カテゴリが下に飛び出してくる快感を1度味わってほしい。
Sponsored Link