1. TOP
  2. 恋愛について
  3. デートの店選びが女性側に任されているときのハズさない決め方

デートの店選びが女性側に任されているときのハズさない決め方

店選びを任されがちなニシダです。

今回は、デートなど男女が同席する際の店選びについて独断と偏見で記事にします。

というのも、お外で女性が食べたいものと男性が食べたいものって、結構違ったりしませんか?

食べ物には好みがあるため、あてはまらない場合も多々あるかと思いますが、あくまで私個人の見解ですので軽い気持ちでお読みください。

※すみませんが、寿司は私が食べられないのでありません。お酒やお魚より、肉中心です。

基本的な戦略:シンプルに美味しいもの

男性は比較的、凝った見た目(インスタ映え)ヘルシーさ野菜などへの関心が薄く、オシャレなビュッフェなどはありがたがらないため、シンプルで美味しいものがいいのではないでしょうか。

お肉が食べられ、値段が高すぎず(※)、お腹にたまって、少しこってりしているものが好きな人が多いように感じます。

※良い肉使ってて高いとか素材のためなら倹約家でない限り気にされないと思いますが、場所代や、インスタ映え代のためにお金をとられるような店はさほど人気が出ないかと思います。

この考え方に基づき、美味しいものをメインでひとつ食べられるようなメニューを紹介します。

ハズレなし①:美味しいラーメン屋さん

女子としては、食べ方が汚くなりがちなのでどうなの?とする向きもありますが、美味しいラーメン屋は男女問わず好きな人が多いです。

ならば、細かいことは気にせず行ってみればいいと思います。

美味しいと会話も弾みますし、都内ならラーメン一杯でおなかいっぱいになれば、ランチ代も抑えられますよ。

 

ただ、おトク感まるだしのチェーン店ではありがたみが薄れてしまいますので、なるべく遊ぶ場所の食べログで評価の高い店など、珍しい店を狙いましょう。

ハズレなし②:ハンバーグ屋さん

お肉が食べられ、大抵ご飯もつけられるのでお腹にたまります。

ハンバーグより美味しいものってこの世にあるんですかね(?)。

それなりの規模の街なら大体どこにでもありますので、美味しい店を探してみてください。

ハズレなし③:お好み焼き・もんじゃ屋さん

ソース味の美味しさがわかりやすいというのもありますが、何より一緒に作って協力して食べている感でうまく楽しさを演出できます。

種類も多いので、好みについて詳しく知ったり、自分の好きなものを選んだりできます。

せっかくなら、やはり両国・浅草など、下町の得意にしている店で食べるのがいいと思います。

個人的にはお好み焼きはもちチーズ入り、もんじゃ焼きはベビスタ入りが好きです。

ハズレなし④:しゃぶしゃぶ・すき焼き・鍋料理

「〜鍋」やしゃぶしゃぶ、すき焼きなどは、お肉も野菜もたくさん食べられて、体が温まるのでおすすめします。

鍋をおかなくてはいけないからか、店の作りも比較的ゆったりしている店が多く、のんびりできる気がします。

お好み焼きと同様に、鍋奉行をやってみたり、やっていただいたり、自分たちで作っている感じが楽しめるのも長所のひとつだと思います。

高い印象があるかもしれませんが、時間をずらしたり安い店を探せば3000円以下の場合もあるので検索してみてください。

ハズレなし⑤:焼肉

 

あまり本質主義に陥りたくはないのですが、男の人が本当に喜ぶのはこれなんじゃないかと思っています。

最近では良い肉を一枚から注文できる店も登場していますし、デート向きの雰囲気の良い焼肉屋さんもあります。また、肉の寿司は見た目にも楽しいです。

夜は高い店でも、ランチはおトクに食べられることがあります。

で、夜の焼肉に男性と行った場合に「割り勘負け」を気にされる私のような方に一言お伝えしたいのですが、多く食べた分を気にしないで割り勘してくるような人とおデートしちゃダメです。自分を大事にしましょう。

ただ、ほんとにぼんやりしててそういうことに気がつけない方もいるかもしれないので、「今日あんまり食べられなかったから割り引いてもらえると助かるんだけど」と言ってみましょう。あなたの懐事情を心配する余裕のある人なら、気付いてくれるはずです。

店選びを楽しもう!

以上、何らかの理由で自分ばかり店選びをしているという女性の皆さんに向けて書きました。

少しでも自分に合う場所を選べるというのは選ぶ人の特権ですから、相手の好みも考えつつ、店選び楽しみましょう。

Sponsored Link